入れ歯について

入れ歯の調子が良いか悪いかによって豊かな食生活が送れるかどうか深く関わってきます。
保険適応の入れ歯で快適な食生活が送れる場合もあれば、どうしても合わない場合もあるかと思います。
また、入れ歯を入れていることを周りに気づかれたくない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな入れ歯の悩みを少しでも解決できるよう、様々な入れ歯を取り扱っております。
困ったことがございましたら、どうぞご相談ください。

入れ歯(義歯)の種類

部分入れ歯

歯がない部分を補います。ご自分の歯が残っている方はこちらの入れ歯になります。

クラスプ・バー付き
アクリルデンチャー

特徴 金属製の「バネ」が付いたタイプの部分入れ歯です。
歯ぐき付近にこの金属製のバネで固定します。
素材 レジン+金属
料金 保険適用 約5,000〜13,000円
メリット
  • ・安価
  • ・入れていると歯並びを維持できる
  • ・比較的早く作れる
デメリット
  • ・発音しづらい
  • ・針金が見える
  • ・針金をかけている歯が弱る

ノンクラスプデンチャー
フレキシブルタイプ

特徴 金属のバネ(クラスプ)を使わないタイプの部分入れ歯です。素材はポリエステル樹脂(ES)とナイロン系の樹脂(VP)があります。お口の中に入れても目立ちません。弾力性があり、割れにくい材質です。専用の入れ歯洗浄剤が必要です。
素材 ポリエステル樹脂もしくはナイロン系樹脂
料金 自費 (片顎)160,000円 (全顎)190,000円
  • *3歯以上片側に欠損がある場合は、機能面を重視し両側のデザインになります。
メリット
  • ・目立たない
  • ・入れていると歯並びを維持できる
  • ・弾力性があり、割れにくい
デメリット
  • ・専用の洗浄剤で洗う必要がある
  • ・保険適用外のため高価(30万~100万円 設計による)

総入れ歯

全く歯がない場合はこちらの入れ歯になります。

保険義歯

特徴 保険適用の総入れ歯は、プラスチックで製作するため、強度を持たせるために厚くせざるを得ず、違和感を覚える場合がありますが、修理がしやすいといったメリットもあります。
素材 レジン
料金 保険適用 約7,000円
メリット
  • ・安価
  • ・比較的早く作れる
デメリット
  • ・大きい、発音しづらい
  • ・外れやすい
  • ・歯ぐきにぶつかると傷になる
  • ・臭いがする

GDSデンチャー
(スタンダード)

特徴 『外れない・痛くない・ちゃんと噛める入れ歯』を作るために「顎の関節の動き」「筋肉の動き」「歯の位置」等を十分考慮して作製する機能性に優れた総義歯です。入れ歯が歯ぐきにフィットするので外れにくく、噛み易くなっています。
また、精密重合システムを用いていますので、耐久性のある精度の高い義歯が仕上がります。
素材 レジン
料金 自費 (片顎)320,000円

GDSデンチャー
(コンフォート)

特徴 硬い入れ歯の裏面を生体シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯です。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、シリコーン特有の吸着力を発揮します。「痛い・咬めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、歯ぐきにやさしい材料を使用しています。
素材 レジン+シリコーン
料金 自費 (片顎)400,000円 安心サポート付
GDSデンチャーのメリット
  • ・機能性に優れているので、入れ歯が歯ぐきにフィットし、外れにくく、咬み易い
  • ・精度が高く、耐久性がある
  • ・咬んだ時に歯ぐきに負担がかからず、痛くない
GDSデンチャーのデメリット
  • ・快適だが保険適用外のため高価(30万~50万円)
  • ・作製工程が多い
  • ・専用の洗浄剤で洗う必要がある

金属床義歯
(コバルトプレートデンチャー)

特徴 保険義歯と比べ薄くて丈夫です。
厚さは保険義歯の1/3まで薄くすることができ、しゃべりやすく、違和感も少ない義歯です。
金属は熱伝導率が良いので、入れ歯を入れていても、料理の熱さや冷たさを感じることができます。
素材 レジン+金属
料金 自費 (片顎)380,000円

金属床義歯
(チタンプレートデンチャー)

特徴 コバルトプレートデンチャーよりもさらに比重が軽く、重さは一般的な金属床義歯の約1/4。薄くて丈夫な義歯で、重たい入れ歯でお悩みの方におすすめ。
生体親和性が高く、インプラントや人工関節など体内に埋め込むことができるぐらい安心安全な素材を用いています。
素材 レジン+金属
料金 自費 (片顎)500,000円

金属床義歯
(ゴールドプレートデンチャー)

特徴 精密な加工をしやすい素材のため、適合性が良好。生体親和性も高い安心・安全な義歯です。
腐食しづらいので金属の味もしなく、しかも金属床義歯の中で熱伝導が一番良いため、より食事を楽しむことができます。
素材 レジン+金属
料金 自費 (片顎)800,000円
金属床義歯のメリット
  • ・入れ歯を薄く作ることができるので、違和感が少ない
  • ・熱伝導が高いので、料理の温度を自然に近い感覚で味わえることができる
  • ・割れにくく、変形しづらい
金属床義歯のデメリット
  • ・快適だが保険適用外のため高価
  • ・修理がしづらい
  • ・顎の骨がやせていくことで、徐々にあわなくなってくる
  • ・コバルトプレートデンチャーの場合、金属アレルギーの原因になる可能性がある
  • 料金は全て税抜料金です。
  • 保険適用の料金は自己負担が3割の場合で計算しています。

保険診療と自費診療の違い

自費と保険

外側の大きな緑色の部分があなたが歯科医院で選べる治療方法と仮定します。
実は保険診療で適用となるのは内側の灰色の部分しかありません。
保険診療は安価で治療を受けられますが、使用できる材料や治療回数など様々な面で治療が制限されてしまい、最善とは言えないのです。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

人はそれぞれ顎の骨の形や顎の関節の動き、筋肉の動き方に違いがあります。自費の入れ歯は、それらを調和させるために、工程を多く取り、あなたのお口にあった入れ歯を作ります。まさに『オーダーメイド』の入れ歯です。
また、保険の入れ歯は、最終的な材料に加工する際、材料の性質上、どうしても数%収縮してしまいます。これが『外れやすさ』や『よく噛めない』原因の1つになっていました。
自費の入れ歯は加工方法が異なるので、ほとんど収縮のない『外れにくい』入れ歯を作ることができます。(精密重合)お口に合っている入れ歯は『歯ぐきの痛み』や『顎の骨の痩せ』を最小限にとどめる事ができるため、入れ歯を長く使用していただけます。

当院の治療保証(入れ歯)

当院では、患者様に安心して自費治療を受けていただき、長くより良い状態で入れ歯を使用していただくために保証書を発行いたしております。
患者様がお約束を守り、歯科医師・歯科衛生士が指導した正しい使い方をしていただけていたのに関わらず、保証期間内に破折・破損した場合には5年間修理・再作製に関して無料(100%当院保証)とします。保証内容は入れ歯の種類によって異なりますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。
保証書は保証期間中は大切に保管してください。

  • ※ノンクラスプデンチャーは3年間
  • ●再発行はできません。
  • ●保証期間中であっても再診料1,000円+税は別途かかります。

ただし、下記の場合には保証期間中であっても一部、または全部が有料となりますのでご注意ください。

  • ・自己の不注意または外傷等、明らかに当院の責任でない場合
  • ・当院の指示にない使用法や定期検診に応じて頂けない場合
  • ・診療時に全く予測できない変化が治療後に生じた場合
  • 詳しくは、当院のドクター・スタッフにお問い合わせください。
このページの上部へ