むし歯治療(歯科)

むし歯は、風邪と違って自然に治ることはありません。
初期の段階で治療すれば、歯を削る部分も治療回数も少なくて済みます。
しかし、痛みなど症状が出てきた場合は、かなり進行している場合が多く、
歯を削る面積が大きくなり、治療に掛かる時間や回数、費用も多くなってしまいます。
また、大きく歯を削っていくことで、歯の寿命も短くなってしまいます。
しみる、痛みがあるなど症状がありましたら、早めに治療されることをおすすめします。

初期のむし歯は、ご自身では気づきにくいものです。
むし歯にならないためには、日頃の歯磨きと
定期的に歯科医院でチェックをしていくことが大切になってきます。

治療方法について

むし歯の治療は、初期と進行してしまった場合では方法が違ってきます。
進行別の一般的な治療の流れを説明いたします。

C1

一番外側のエナメル質が、むし歯菌が出す酸によって溶け出し、むし歯になった状態

治療法

歯を削らないで経過観察をしていくケースと進行傾向がある場合は、むし歯の部分を削り、詰め物で修復します。
フッ化物の塗布、ハミガキ指導、詰め物

C2

エナメル質だけでなく内側の象牙質までむし歯になった状態。
甘い物や冷たい物がしみたりします。

治療法

むし歯の部分を削り、詰め物で修復します。
詰め物

C3

歯の神経(歯髄)までむし歯が進行した状態。
神経が強い炎症を起こしたり、すでに死んでしまっている状態です。ズキズキと激しい痛みがある場合や、痛くない場合など様々な症状があります。

治療法

神経を取って、根の治療をした後、土台を入れて、被せ物をします。
歯の状態によっては、詰め物などで修復する場合も稀にあります。
土台被せ物詰め物

C4

むし歯で歯が崩壊してしまい、歯の根の部分のみが残った状態です。神経は完全に死んでおり、歯の根の部分に膿みが溜まっていることが多いです。
歯を残すことが難しく、多くは歯を抜かなければならなくなります。

治療法

歯を残せる場合は、C3と同じ様な治療をします。
症状が悪くなっているので治るまで時間がかかります。
残念ながら歯を抜かなければならない場合は、
ブリッジや入れ歯、インプラント等でなくなった部分を修復します。
ブリッジ、入れ歯インプラント

修復方法について(詰め物・被せ物の種類)

むし歯で削った部分は、進行状態に合わせて様々な方法・材料で修復します。

詰め物

むし歯を削った部分の大きさや形によって、白い詰め物をする場合と型を採りして製作した詰め物をいれる場合があります。

CR(コンポジットレジン)

特徴 保険治療法。安価。強度が劣る。
色の選択肢が限られている。
1年程度で着色が目立つようになる。
素材 レジン
料金 保険適用 約1,500円

ダイレクトボンディング

特徴 セラミックに近い材料で、強度や色、安定性が高い。
審美的治療に最適。むし歯の再発リスクが比較的少ない。
素材 レジン
料金 自費 11,000円〜22,000円

メタルインレー

特徴 一般的な保険治療法。安価。審美性に欠ける。
素材 金属
料金 保険適用(大臼歯)約2,500円(小臼歯)約2,300円

ゴールドインレー

特徴 適合性、耐久性、機能性で良好。審美性に欠ける。
素材 金属
料金 自費 39,000円

セラミックインレー

特徴 他の詰め物と比べ審美性に優れる。
天然歯と同じ硬さなので、咬み合う歯を傷つけない。
素材 セラミック
料金 自費 39,000円
  • ご覧頂く情報端末により色味が変ります。実際の詰め物・被せ物の色とは異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • 料金は全て1歯あたりの料金・税抜料金です。
  • 保険適用の料金は自己負担が3割の場合で計算しています。
  • 料金は形成(詰め物、被せ物を作製するために歯の形を整えること)と型取りを含んでいます。

土台

神経を取った歯は、ほとんどの場合そのままでは強度が弱くなるので土台を入れて補強します。
また、最終的な被せ物を入れるために不足している歯の形を補う役割もあります。
作るために歯型をとります。

メタルコア

金属 レジン
料金 保険適用 約1,200円

ファイバーコア

素材 ファイバー繊維+レジン
料金 自費 14,000円

「メタルコア」と「ファイバーコア」の比較

弾性・破損リスクの有無

ファイバーコアは弾性があるため強い力が加わっても「しなる」ことで力を分散させますが、メタルコアは金属ですので、弾性がなく、歯根破折の原因となります。

酸化リスクの有無

メタルコアは時間の経過と共に「酸化」し、歯肉の黒ずみ、二次カリエスの原因になることがあります。ファイバーコアは金属を使用していないので、酸化リスクはありません。

被せ物

むし歯が大きかった場合は、被せ物を入れて咬めるように修復するのとあわせて審美的な回復をします。
土台を付けた後、形を整え冠を作るために歯型をとります。

前装冠

特徴 一般的な保険治療法。安価。審美性に欠ける。レジンの部分が黄色く変化しやすい。
素材 レジン+金属
料金 保険適用 約8,000円
自費の場合30,000円

オールセラミック

特徴 前歯にお勧め。天然歯に近い審美性を有する。
天然歯と同じ硬さなので、咬み合う歯を傷つけない。
素材 セラミック+セラミック
料金 自費 105,000円

FMC

特徴 保険治療法。安価。審美性に欠ける。長期間で金属が溶け出す心配がある。
素材 金属
料金 保険適用 約4,000円
自費の場合30,000円

ホワイトクラウン

特徴 奥歯にお勧め。汚れも付きにくく、変色もしづらい。
強度が高く耐久性が良好。
素材 セラミック
料金 自費 66,000円

CAD/CAM

特徴 保険治療法。適用する歯に限りがある。(大臼歯には不向き)
素材 ハイブリッドレジン
料金 保険適用 約8,500円
  • レジン…歯科用プラスチック(樹脂素材)、セラミック…歯科用セラミック(陶器素料)。
  • ご覧頂く情報端末により色味が変ります。実際の詰め物・被せ物の色とは異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • 料金は全て1歯あたりの料金(税抜料金)です。
  • 保険適用の料金は自己負担が3割の場合で計算しています。
  • 料金は形成(詰め物、被せ物を作製するために歯の形を整えること)と型取りを含んでいます。
  • *保険制度により、土台を自費(ファイバーコア)にした場合は被せる物に保険が適用とならず、自費の料金になります。

保険診療と自費診療の違い

自費と保険

外側の大きな緑色の部分があなたが歯科医院で選べる治療方法と仮定します。
実は保険診療で適用となるのは内側の灰色の部分しかありません。
保険診療は安価で治療を受けられますが、使用できる材料や治療回数など様々な面で治療が制限されてしまい、最善とは言えないのです。

同じ様に見える白い歯にもそれぞれ特徴があります。
レジン(保険素材)は性質上、食事をするたび水分を吸収してしまうため、見た目でも劣化が感じとれるようになります。また、汚れも付着しやすいため、二次的なむし歯や歯周病のリスクがあります。 それに対してセラミックの素材は、時間が経過しても変色することがなく、汚れ(細菌等)の付着も少ないため、二次的なむし歯や歯周病のリスクを低くすることができます。

特長の違い
左:レジン装着直後
中央:レジン装着後数年経過
右:オールセラミック

当院の治療保証(詰め物、被せ物)

当院では、自費治療の患者様に安心して治療を受けていただくため保証書を発行しております。
患者様がお約束を守っていたのにもかかわらず長持ちしなかった場合や、再度作り直しが必要になってしまった場合について、下記にある5年間の段階保証制度を設けております。
保証書は保証期間中は大切に保管してください。

  • ※再発行はできません。
保証開始からの経過期間 2年以内 2年超~3年目 3年超~4年目 4年超~5年目 6年目~
患者様負担額 負担なし 25% 50% 75% 100%
  • ※保証期間中であっても再診料1,000円+税は別途かかります。

ただし、下記の場合には保証期間中であっても一部、または全部が有料となりますのでご注意ください。

  • ・自己の不注意または外傷等、明らかに当院の責任でない場合
  • ・当院の指示にない使用法や定期検診に応じて頂けない場合
  • ・診療時に全く予測できない変化が治療後に生じた場合
  • ※詳しくは、当院のドクター・スタッフにお問い合わせください。
このページの上部へ