ドクター・スタッフブログ

食べ物が詰まったときの爪楊枝は危険?

2021年11月26日

皆さん、おはようございます

白石プライム歯科、歯科医師の酒井です!

ついに北海道でもちらちら雪が降り始めましたね

 

さて本日は虫歯対策のお話です。

ものが挟まったとき爪楊枝を使って食べかすを取っていませんか?

爪楊枝で食べ物を取ると歯茎が傷つくリスクも上がり危険です。

そこでオススメなのがこのフロスです

 

 

 

フロスで詰まった食べものもとれますし、歯と歯の間にいる細菌も取ることが出来一石二鳥です

 

アメリカではfloss or dieと言われているくらい、フロスの重要性が唱えられていますが、日本ではまだまだですね…

 

フロスを使うことにより、歯茎の汚れも取れるため口臭予防にも繋がります。

最初は使うの難しいよという方は、持ち手がついたタイプもあるので気になった方は是非白石プライム歯科で聞いて下さい。

フロス以外にも虫歯予防の方法はたくさんあるので是非相談して下さい!

 

このページの上部へ