ドクター・スタッフブログ

歯が痛い! むし歯以外で考えられること

2021年04月30日

こんにちは、経営本部のおいかわです。

 

皆さん、歯が痛くなったことはありますか?

 

もし、歯が痛くなったら一番最初に「むし歯?」を疑いますよね。

「むし歯」も歯が痛くなる原因の1つですが、

実は、それ以外にも痛みの原因があります。

 

 

①歯が折れている。もしくは割れている。

 転んで歯をぶつけたり、歯軋りが強い方は、歯が折れたり割れたりして

 痛みが出る可能性があります。

 放置すると歯を抜かなければなることもありますので

 早めの受診をおすすめします。

 

②知覚過敏

 歯がすり減ったり、歯茎が下がって歯の根の部分が表面に現れることで

 冷たい物などがしみてきます。

 

 これらは、歯軋りや歯周病などが考えられます。

 また、歯磨きする時の力が強すぎる場合も歯茎が下がる原因になります。

 気がついた時は、早めにご相談ください。

 

 

 

【番外編:歯茎が痛い!?】

❶歯周病

 初期の歯周病は自覚症状がほとんどないのですが、

 進行してくると歯茎に炎症が起こり、痛みが出てきます。

 

 

❷親知らずの周りが痛い

 元々、一番奥に生えているので歯ブラシが届きにくく

 磨き残しが発生しやすいところです。

 磨き残しがあると、細菌が繁殖して炎症を起こす場合があります。

 親知らずの生え方によっては、手前の歯が虫歯になったり、

 顎の骨にも影響が出る可能性があります。

 何度も痛みが出たり、引いたりする場合は、

 診てもらうことをおすすめします。

 

このページの上部へ