ドクター・スタッフブログ

ステインって?

2020年03月24日

こんにちは😃歯科衛生士のやまもとです。
定期検診で来院される患者さまから気になることをお聞きしたら、

上位にくるのは歯の着色ではないでしょうか。

早速ですが『ステイン』のおはなしです!


歯の表面を覆うペリクルに含まれるたんぱく質に、食品や飲料、うがい薬などの色素物質、カルシウム、金属イオンなどが化学反応を起こしてステインになります。
ステインの種類には、珈琲やお茶、赤ワイン、カレーやキムチなどの香辛料、緑黄色野菜などの食品に含まれる色素があげられます。
ポリフェノールやタンニン、アントシアニン、カテキン、リコピンなどの第7栄養素の多くは色素沈着の原因となる色素成分を含んでいます。

タバコのタールはステイン物質としてよく知られています。樹脂であるタールはこびりつくように付着するため、除去が困難です。
唾液分泌の減少や、口呼吸などによって口腔内が乾燥すると、着色しやすくなります。口腔乾燥にも要注意ですよ〰️✨

着色が気になるときは、お声がけください☺️

このページの上部へ