ドクター・スタッフブログ

はちみつのお話

2020年02月19日

こんにちは

歯科医師のかなやです

本日ははちみつのお話についてです

皆さん、はちみつは甘いからすぐむし歯になるんじゃないの?と思っていらっしゃる方もいると思うのですが、実ははちみつはむし歯になりにくいのです

糖分にも種類があり、はちみつの配合として主にむし歯菌が好物とする砂糖(スクロース)ではなく、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)となります。

むしろ、はちみつには殺菌作用、抗菌作用があるため、風邪の時の喉の痛み緩和だけでなくむし歯や歯肉炎、歯周病予防にも効果的です。

論文の中でも、歯茎にはちみつを塗ってプラーク(歯垢)が減少したという報告もあります。

ただし、市販されているはちみつには加糖はちみつや精製はちみつも多く販売されているようですのでよく確認してくださいね。

オススメは非加熱はちみつやマヌカハニーがベストです

皆さんも耳にしたこともあるかもしれませんマヌカハニーですが、研究によると体内に摂取した後も殺菌作用(メチルグリオキサール)が持続し、ピロリ菌抑制や腸内環境の改善にも効果があるようです

最後に注意していただきたいのが、良いものだからといって摂りすぎないことと、

1歳未満のお子様にはボツリヌス菌感染を起こすリスクがあるため

はちみつは食べさせないでくださいね

このページの上部へ