ドクター・スタッフブログ

「歯」の漢字の成り立ち

2020年11月14日

こんにちは!鈴木です。

 

さて、今回は
「歯」と言う漢字の成り立ちを調べてみました。

「歯」

と言う漢字は、元々

「齒」

と言う字を使用していました。

これをばらすと

「止」という字の下に「口の中に存在する歯を表す象形文字」がくっ付いていて、

これが常用字となったものが、現在の字であるとされています。

漢字ひとつひとつにも意味があるんですね。健康な歯のお爺さんのイラスト

 

このページの上部へ