ドクター・スタッフブログ

 消毒、殺菌、滅菌の違いとは?

2020年06月24日


こんにちは!

歯科医師の柿崎です😁

 

緊急事態宣言が解除されてみなさんどうお過

ごしでしょうか?

 

僕は久しぶりにラーメンを食べにいきました!!

ずっと食べにいけてなかったのでとても美味

しかったです😆

 

 

さて、題名にもありますが皆さん消毒、

殺菌、滅菌の違いってご存知ですか?

 

消毒とは対象物に付着している病原性の

ある微生物を、害のない程度まで減らす

こと。何をどの程度減らすかにより高・中・

低水準に分かれる。

 

殺菌とは対象物に付着する菌を殺す

行為であり、殺す対象や程度を含まない。

極端にいえば、10%の菌を殺して90%の菌

が残っていても「殺菌した」といえるため、

有効性に対する厳密な保証はない。

 

 

滅菌とは対照物を限りなく無菌に近づける

ための工程。国際的に採用されている現在の

基準としては「滅菌操作後、100万個のうち

1個の対象物に微生物が付着している確率」

で滅菌できれば良いとされている。

 

 

以上のような違いがあります⭐️

 

 

白石プライム歯科では診療で使用する器具は

可能なものは滅菌しており、滅菌が不可能な

器具に関しては高水準消毒をしています!

安心ですね😁

 

 

ちなみによく行う手のアルコール消毒は

中水準消毒にあたります!!

 

白石プライム歯科の受付に置いてある

消毒用アルコールも毎回必ずお使い

ください!⭐️

 

 

 

 

このページの上部へ